Lovelies in Bay Area

Pooh&Chrisとのカリフォルニア生活

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワクチン、受ける?受けない?

1月11日Mon(US時間)霧曇2くもり

ワクチン・・・。

受けるか、受けないか、いつ受けるのか・・・。
決めるのは、飼い主。

国によって法律も違うし、必要なワクチンの種類も違うし、意識も違う。

難しい問題です。

日本で1年に1回義務付けられている狂犬病ワクチン。
ここカリフォルニア州では3年に1回です。

そして、パピーの頃に受けた任意のワクチン。
日本では毎年病院からお知らせが来ましたが、カリフォルニアでは2~3年に1回です。
(日本にはない、ボーダーテラーというケンネルコフの起因菌のワクチンは半年に一度)
DSC_3234_convert_20100112053554.jpg
こちらで初めて検診を受けた時、既往歴など色々聞かれて、当然ワクチンレコードも聞かれて・・・。
で、狂犬病は3年後、他のワクチンは2~3年後でいいと言われました。

そして、そして、
一昨年、一時帰国するために受けた検診で、プーのマイクロチップが壊れていた事実が判明。
色々と手を尽くしたけど、再度1から検疫のための準備をするはめになりました。(涙

で、当然チップ挿入後に『検疫のための』狂犬病ワクチンを受け、さらに30日後にもう一度受けさせなくちゃいけないという時、担当のVet.は「何故そんな必要の無い、危険なことをするのか」と、日本の検疫の制度を何度説明しても「どうしてもしなくちゃいけないのか?」とか、「帰国が決まってからじゃだめなの?」とかしつこく聞いてきました。
「お勧めしません。危険です。小さい体にとても負担が掛かるから。」って。

「日本ってクレイジーね。」ってところじゃないかな?

日本でも海外で研修してきた獣医師や、学会発表で海外の獣医医療現場を知っている獣医師は、過剰なワクチン接種を推奨していません。(くりぷーの日本での掛かりつけの病院はそんな感じ)

人間のワクチンについてとか、犬のワクチンについてとか、調べてみたけれど・・・。
やっぱり賛否両論で、自分で答えを出すしかないと思いました。


以下参考にしてください。

狂犬病ワクチンについて
猫のワクチンについて
ワクチン接種は怖いんです

結局は、自分でどうするか決めるしかないのだと思います。

で、私の選択は・・・。


USにいる時は、こちらのVet.のいうことを信用し、実施する。
ただし、狂犬病のワクチンは検疫の関係上、抗体価を下回った時にする。

帰国してから、任意のワクチンは3年に1回。
レプトスピラは、副作用も強く、抗体価の低下も早いので打たない方針。
狂犬病は、毎年抗体価を測定し、抗体価が下回ったら接種する。

狂犬病は法律で義務付けられているので、法律違反になりますが・・・。
だけど、そもそもワクチン接種の意味って抗体価を持続させるためのものでしょう?

それに、検疫法と狂犬病予防法のギャップも納得いきません。

が、それぞれに確認すると「規則ですから」の一点張りなのです。


そうなると、自分の子の健康は飼い主である私が守るしかないんだもん。

認められるかどうかはわからないけど、帰国したら、狂犬病予防接種免除証みたいなのを動物病院にお願いしてみようと思います。勿論、ちゃんと抗体価の検査をした上で・・・。


本当は、1級愛玩動物飼養管理士という、愛玩動物の飼育に関して指導できるという立場上、法律違反を犯してはいけないのです。(いや、資格持ってなくても法律違反はダメですけど)

でも、でも、やっぱり、くりぷーに何かあってからじゃ遅いもん。

人間も、今まで義務だったワクチン接種が任意になりました。

狂犬病のワクチンも、3年に1回や抗体価の測定に基づく接種に改善されたらいいのになと願います。

忘れてはいけないのは、狂犬病予防法は犬のためではなく、人間のためにあるということ。
そのために、犬が犠牲になってはいけないとは思うのだけど・・・。
まぁ、狂犬病にかかり、発症すれば100%死亡しますからね。

でも、USでは、野生動物や狂犬病の予防接種してない犬に噛まれた場合、適切な処置をしてもらえるのだけど・・・。

スポンサーサイト

Comment

No title 

混合ワクチンは任意ですよね。でも狂犬病ワクチンって義務付けられていますよね。
年に一回接種なんて必要ないはずなのですが、結局接種代金に登録代金と毎年払うので獣医師や行政の利益になるから、日本では3年に1度の接種にできないんでしょうね・・・

フィラリアにしても月に一度飲ませないといけないこともないんですよねぇ・・・
私は40日間隔で伸ばしています。すると服用する回数が減りますから。。

私は混合ワクチンは3年に一度で抗体価を調べてから接種するつもりです。

狂犬病は・・・ドッグランとかに行けなくなるから仕方ないですね・・・今年も打ちます。

ミントなんて脳に障害があるから狂犬病ワクチンは未接種でした。副作用がないはずのワクチンだけど何故?と思います。それは狂犬病ワクチン自体に神経に作用する副作用があったからだと思いますよ。獣医さんは知っているはずです。水銀が使われていること。

和犬が高齢になると、認知症や脳に障害が出るのは和犬は比較的長生きをすること・・それにつれて狂犬病ワクチンの影響ではないか・・と本村先生はおっしゃっていましたよ・・

高齢犬に狂犬病ワクチン、混合ワクチンは必要ないと私は思っています。
  • posted by ミントママ 
  • URL 
  • 2010.01/12 11:35分 
  • [Edit]

No title 

今日の記事もとても勉強になりました。
私も良く考えたいと思います。
本当にありがとうございましたm(_ _)m
  • posted by やまみ 
  • URL 
  • 2010.01/12 22:04分 
  • [Edit]

Re: No title 

ミントママさん♪

そうなんですよね。人間のワクチンや新薬もそうですけど、すべて行政、それに関わっている会社、病院関係が損をしないようになっているんですよね。
守るべきは一部の企業や人ではなく、全国民なはずなんですけどねぇ。

フィラリアの薬・・・。
私が住んでいる地域は、蚊がいない、というか極端に少ないんです。
少なくとも家のまわりをお散歩していて、蚊を見たことも刺されたこともありません。
でも、動物病院に行くと処方して貰えるし、特に必要ないとも言われないんです。

ただ、お隣のシティの公園でダンナは見たといっているし、実際に刺されているので、下水道整備は勿論のこと衛生に関して監視が厳しい地域でのみ、蚊の発生が抑えられているのだと思います。(市によって規則も全然違かったりします)
我が家の周りは、ウエストナイル熱の感染源とされている蚊を発生させないように、バックヤードのプールなんかはヘリコプターで視察して、水が汚れていると綺麗にするように指導が入るんですよ。

で、私はどこにでもくりぷーを連れて行くので、年間通して45日間隔で飲ませています。
冬も?とお思いでしょうけど、消化管の寄生虫も駆除してくれるタイプの薬なので、どちらかといえばフィラリアよりもそちらの方に期待しての投与です。
というのは、我が家のまわりには野生動物がけっこう暮らしていて、イヌ科のコヨーテなんかもいたりするんです。ラクーン(アライグマ)もスカンクも普通にいます。
そして、犬の放置うんちもたくさんあるんです。

放置うんちは、ほんと困りますよね。この前はフロントヤードにありました。玄関先ですよ~。その人のモラルが問われますよねぇ。


狂犬病に限らず、保存や殺菌目的で入っている水銀については、比較的早いサイクルで体外に排泄されるから安全だという意見もあります。
でも、本当にそうなんでしょうか?
重金属はその種類によって蓄積させる部所が違いますが、一旦血管外に溜まったものがそう易々と排出されるとは思えません。
それでなくても環境汚染が酷い現在ですから、なるべく有害だと分かっているものを体に入れたくないと思っています。

ドッグランやホテルなども、よく勉強して欲しいですよね。

ミントくんの狂犬病ワクチンについてですが、絶対知っていたと思いますよ。大学病院でしたよね?知ってても他の子には、打つんだよね。やっぱり商売だからね。
世の中、色々難しいですね。

そうそう、和犬のことですが、日本人は昔から魚を食べる習慣があるので、最近の動物や鶏肉中心のドッグフードが普及したからではないかとの見方もあるそうです。
うちの子たちは、洋犬だけどローテーションでお魚やサーモンオイルを使っています。
まだまだボケる年ではないですけど~^^
  • posted by まぁぴぃ♪ 
  • URL 
  • 2010.01/13 04:10分 
  • [Edit]

Re: No title 

やまみさん♪

ほんと~?
良かった~^^

知っていたら、そんなことしなかったのに・・・。という方が結構いると思うのですよ。
きちんと知った上で、自分はどうするかを選択するのがベストだと思うのです。

頭でっかちになっちゃいけないし、極端な考えもいけないと私は思うんです。
色々な情報の中から自分に必要なものを取り出し選択する。
これは大切なことだよね。

私は、色々な方から日々勉強させて頂いてます。
こんな拙い日記でも、お役にたてればとっても嬉しいです~*^0^*

  • posted by まぁぴぃ♪ 
  • URL 
  • 2010.01/13 04:19分 
  • [Edit]

No title 

ワクチンで確実に体は弱くなっていきますね。
不妊も ワクチンの仕業らしいです・・・・・。

アレルギーもガンも・・・ね。

本気で調べたら きっと ワクチンに行き着いてしまうから・・・(それでは利益にならないから・・・)
時間のかかる 利益に繋がらない ワクチンの副作用を真剣に調べる物好きな専門家は  
少ないのでしょうね。残念です。

カナダってね 子供へのワクチン接種を法律では義務付けていないのですが 幼稚園や学校の入学証明書に必要なの。なんだか おかしい話でしょ。

でもね 抜け道はあって ロイヤーを立てて文書作れば入園 入学許可は下りるらしくて 実際にそのようになさっている 医療関係者(他人の子には打つけど 自分の子には打ちたくないんだね~。。。。恐いもんね。)はいるんです。

日本と違って 個人主義でもあるので 別にワクチンを打ちたくない。という意見そのものも
別に マイナーな意見でもない様子です。

ただ ホームドクターにワクチンの事について質問すると 少し面倒くさそうな顔になりました。
年配の方なので・・・新しい事はあまりご存知でなかったのかな?
でも 犬にも子供にも 要らないものは要らない。とはっきりいえる親になろうと思いますよ。



ごめんね、長くなりました。
  • posted by ひとこ 
  • URL 
  • 2010.01/13 12:41分 
  • [Edit]

Re: No title 

ひとこさん♪

昔はね、今みたいに、衛生状態も栄養状態も、平民(?)は良くなかったわけでしょう?
だから、病気になると体が勝てなかったんじゃないかな?って思うんです。

今はそんなに怖がる事ないのかもしれないよね。
昔は正しいとされていた事が、最近になって間違っていたっていうことも実際あるし、事実が隠蔽されていることだってあるよね。

私の妹は、インフルエンザのワクチンやめておきなって言ったんだけど、季節性のは受けてきたよ。罹って気管支喘息になると大変だからって・・・。
小児科のドクターがワクチンについてどれだけ知っているのか・・・。
結構自分も打っているらしいし・・・。

でも、私はいらないんじゃない?っていう意見に賛成なので、まわりの子が次々に打っても、うちの子はしなかった。そして、まんまとインフルエンザに罹りました^^

日本にいる時も、ぐーたらな私はワクチン接種の申し込みをするのが遅くて&なったらなったでいいじゃんとも思っていたので、ワクチン受ける前に、うちの子たちインフルエンザに何回か罹りましたよ。
でもね、毎年型が違うからどうの~、とか、遺伝子が変化するからどうの~、といわれているウイルスに本当に効果あるのか?と思ったし、それなら去年罹ったから、似たようなウイルスが入ってきたら免疫が働いてくれるかも~とか安易に考えてもいましたね。

まぁ、インフルエンザも集団接種がなくなって、それ以外のワクチンも、政府が義務を任意にした時点で、いらないものなのかな~って思ったけど・・・。

ワクチン神話は、続くのかな・・・。

そうよね、どうするか決めるのは親だからね。
私も、ひとこさん応援しちゃう。

ちなみに、USに来た時はカリフォルニアで定められているワクチンレコードがないと入学出来ないので、子ども達は2、3本打ちました。
もう、ワクチンはそれで最後になるでしょう。

USではロイヤーをたてて認められるのか・・・分からないです。
でも、もう、終わっちゃったからね。

コメント、長いの歓迎だよ~。
たくさん、お話聞かせてね♪
  • posted by まぁぴぃ♪ 
  • URL 
  • 2010.01/14 09:59分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

Since Aug.20.2009

プロフィール

まぁ

Author:まぁ
SFベイエリアにふー(ダンナ)と下の息子Kei、M.ダックスのプー&クリスの3人+2匹で暮らしています。
昨年の春、上の息子Ryoが高校進学のため単身帰国。寮生活を送っています。
アメリカ生活、満喫中♪

最新記事

Calendar

Gremz

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。