Lovelies in Bay Area

Pooh&Chrisとのカリフォルニア生活

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族って・・・ペットって・・・

2月18日Thu(US時間)霧くもり

犬や猫なんかのペットの幸せって、本当に飼い主次第だなって思う。

ここに遊びに来てくれる人は、家族や一部のお友達、ブログでご縁があった本当に数少ない人たちなんだけど、でももし、それ以外にも遊びにきてくださった方がいらしたら、是非考えて貰いたいなぁと思うのです。


ペットを捨てる、ってどういうことでしょう?
私には理解出来ません。

何故最後まで責任持てないんでしょうか。
それなら、なんで飼ったの?

子どもが欲しがるから?
情操教育のため?
子どもは、親がペットを大切にする姿を見て育つのです。
子どもに任せていたのでは、心は育たないのです。

飼ってみたはいいけれど、こんなはずじゃなかった・・・?
そんなの、人生がそうじゃないですか?
こんなはずじゃなかったなんてこと、たくさんあるはずです。

動物だから、捨ててもいいの?
生きているんだよ。
自分と同じ、地球に生まれてきたのに・・・。
それも、人間と生きるために作られた『愛玩動物』として誕生したのに・・・。


過剰に愛情を注ぐ人がいる一方で、捨てられていく命がたくさんある。
それをどうか、知って欲しい、考えて欲しいです。

そして、個人繁殖は絶対にやめて欲しい。
何故、赤ちゃんを生ませるの?
純血種だから?血統書があるから?

血統書なんて、当てにならないこともあるって知ってるの?
チャンピオンの血が入ってるからいい犬なの?
チャンピオン犬なんて、年間何頭出るか知ってますか?思っているよりずっと多くの犬がタイトルを獲得するのですよ。

それに、きちんとしたブリーダーは、タイトルにかかわらず、オスメスの欠点をいい方向へ持っていくような交配をし、犬種の向上に努めているのです。
遺伝は?1枚の血統書からどれだけの情報が得られるのでしょう?
血統書上に問題が見えなくても、家系的に遺伝上の問題があるかもしれません。
きちんとしたブリーダーは、外から新しい血を入れるとき、そこもちゃんと考慮します。

個人繁殖でそこまで出来るのでしょうか?
命を扱うということは、簡単なことではありません。

何故、うちの子の子なんでしょうか?
今、すでにある命を大切にするだけではダメですか?
もし、障害を持って生まれても、最後まで面倒見るからいいのでしょうか?
障害を持って生まれた子は、幸せですか?
個人繁殖を、後悔している方もたくさんいます。

それに、愛犬が苦しむ姿を見て平気なんでしょうか。
犬は安産だから・・・いいの?
お産は辛く、苦しいものです。
安産と言われた私だって、出産は辛かった。
妹は、時代が時代なら母子共に亡くなっていた。
出産は、動物にとって命がけのものです。
それを何故、可愛い子に経験させたいのか、まったくもって分かりません。

雄犬の交配経験後を知っていますか?
一度でも交配を経験してしまうと、雌犬を見ると交尾したいという気持ちが高まるのを知っているのでしょうか?
シニアになってから交配を経験し、雌犬を見ると興奮し、ところ構わず射精するようになってしまった犬を私は知っています。自分で処理をする雄犬だっているのですよ。
クリスのブリーダーの話では、ヒートの犬がいると、1週間もご飯を食べなくなるという雄犬もいるそうです。
交配を経験させるなら、一生スタッドドッグとして使ってあげてください。それが出来ないなら、交配を経験させないでください。可愛そうだから・・・と。

いつもは、可愛い我が子と言っているくせに、そんな時だけ男と女(オスメス)にしてしまうのは、間違っていませんか?

犬種の向上や、ドッグショウに出すための出産でさえトラブルがあり、そのトラブルで心を痛めているブリーダーも沢山いるのです。
うちの子は大丈夫だった、なんていうのは、ただラッキーだっただけなのです。

もう1匹犬や猫を増やしたいと思うなら、今ある命を迎えて欲しいです。
新しい家族を待っている犬猫が沢山います。
もし特定の犬種で、どうしても子犬がいいのなら、信頼できるブリーダーから迎えればいいのです。

我が子に余計なストレスや苦痛を与えないために、出来るなら不妊手術をして下さい。
それをしないなら、気をつけてあげてください。

動物に、『美しい男女の愛』はありません。あるのは、子孫を残さなくてはという『本能だけ』です。

『わんわん物語り』『101匹わんちゃん』は人間が勝手に作り上げた物語にすぎません。



ペットショップやネットオークションでの犬猫購入も止めて欲しいです。
本当に可愛そうですが、ペットショップから買ってしまったら悲しい命が増えるだけなのです。

USでも、生体販売をするショップやそこに子犬を卸すパピーミルは存在します。
でも、大手ペットショップは生体販売をしていません。それに変わってシェルターからのアダプションが毎週行われています。
日本でも大手ペットショップで犬猫の生体販売をしないだけでも、大きな成果に繋がるかもしません。


年間どれだけの命が処分されているか、知っていますか?
冷たいコンクリートの上で、死を待つだけの命があることを知っていますか?
犬が好きなのなら、そういう命があることも知って欲しい。
そのために自分で出来ることを考えて欲しいです。



動物愛護のために、たくさんの方が動いています。

動物愛護管理法を見直す会・NPOしっぽのなかま

逆転させよう「殺処分を受け入れる垣根の低さ」と「それを防ぐ避妊・去勢への垣根の高さ」

ペット生体のネットオークション・生体のネット販売禁止を求める署名

ペットショップでの生体展示販売規制強化

犬猫などの生体販売の中止、動物愛護法の罰則強化


暖かい家庭で、楽しく家族と暮らす子たちが、どうかたくさん増えますように・・・。

スポンサーサイト

Comment

NO TITLE 

まぁぴぃさん、こんにちは♪

本当にね・・・私のまわりにもいますよ「うちの子の子供」って言う人。。

ミントのサイトを通じて、遺伝性疾患の怖さ、ペットショップからの購入禁止、自家繁殖禁止・・・って訴えていて「そうですよね」とか「ミント君、可哀想」とかミントを知っている人でさえ、うちは関係ないわ・・・遺伝性疾患のリスクよりうちの子・・・って思うんでしょうね。

挙句には「もしも遺伝性疾患が出てもミント君のように育てます。」なんて、誰もが見られるネットの中で、堂々と書き込む人がいて驚きました。

「自分がなに言っているのか、わかってる?」って思いますよ。

「犬じゃないのよ。家族なのよ。」と強く言っているわりには、無理やり相手を連れてきてそのこの意志関係なく、押さえつけてでも交配させる・・・血統書を得るには立会人までつけて・・・って。本当に自分の家族だったらそんなことさせるのかな?と思います。

まぁぴぃさんの言う通り、いきなり「オス・メス」にさせちゃうんですよね・・・

思ったより、たくさん生まれ過ぎて、あてにしていた里親も見つけられずに、これまで家族で楽しく過ごしていたのに、いきなり犬屋敷のように抱え込んで・・・

なんか変じゃない?と思います。

命だから、自分の思うようにはならないのです。それだけ命を扱うのは大変なことなんです。

自家繁殖をする人は「金儲けのブリーダーじゃないから」と言って「悪徳ブリーダー反対!」って大声で訴えたりするのですが、同じことなんですよね・・・

この問題は永遠に平行線ですね・・
  • posted by ミントママ 
  • URL 
  • 2010.02/20 07:11分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.02/20 09:34分 
  • [Edit]

NO TITLE 

まぁぴぃさん、すごく勉強になりました。
ありがとうございます。
特に、雄犬の話には驚きました。
>一度でも交配を経験してしまうと、雌犬を見ると交尾したいという気持ちが高まる
>ヒートの犬がいると、1週間もご飯を食べなくなるという雄犬
私がしずくを迎える前に読んだものには、こういうことは書いてなかったから知らなかった……、ではすまされないですよね。
反省です。

日本では、メスの場合、避妊手術によるメリット(子宮蓄膿症などの予防になる)が広まってますので、麻酔のリスクが低ければ、避妊手術をさせることは増えてきているようです。
しかし、オスの場合、「もともとあるものをとるのはいかがなものか」
「何の問題もないのに、身体にメスを入れるのは嫌」
という飼い主は少なくありません。
USの避妊去勢手術事情はいかがでしょうか。

ご存知かもしれませんが、最近日本では、mix犬が「流行」です。
偶然そうなってしまったのなら構わないですし、雑種を純血種の下だとも思いません。
しかし、犬屋が子犬を高く売るためにわざわざmixを作っているのには腹立たしく思っています。
素人が犬の特性もよく知らずに、mixを生ませて、その子が病気で大変だったという話はしばしば聞きます。
まぁぴぃさんのお話しと合わせて、つくづく、素人が犬の繁殖に関わるものではないと思いました。

>飼ってみたはいいけれど、こんなはずじゃなかった・・・?
>そんなの、人生がそうじゃないですか?
本当に(笑)。私の人生、「こんな筈じゃなかった」ばっかりです。
  • posted by naomika 
  • URL 
  • 2010.02/21 00:24分 
  • [Edit]

Re: NO TITLE 

ミントママさん♪

そうなんです。
ナンダカンダ理由見つけて「ウチは特別」になっちゃうんですよね。
少し考えれば、分かることなのにね。

ミントくんのような遺伝疾患は防げるよという思い、ミントママさんの自分のように苦しむ人は自分だけで十分なんだという思いがわからないんだよね。
私はミントママさんの日記を読むだけで涙があふれて止まらなかったり、想像するだけで辛かった。
私は上の子が小学校1年の時に、大切なものを失うかもしれない恐怖を味わったんです。
上の子ね、扁桃腺炎から変な合併症を起こして入院したの。その時、本当に死んでしまうかも知れないって思う位の苦しみを味わったの。たった5日間だけど。
それがね、何年も続いているママさんの苦しみ、辛さが日記を読んでいて痛いほど分かった。人間とか犬とかそんなの関係なくて、辛いよね、頑張れっていつも思ってた。
だから遺伝疾患のことをしっかりと勉強しているブリーダーから、クリスを迎えたんです。
でも、どんなにしっかりした犬舎でも思わぬところから発現するんだよね。それは、純血種であるならば仕方ないことなんだよね。これが個人繁殖のレベルだったら、何事も起こらない方が奇跡だよね。

地球の動物は神様が創ったかもしれないけど、犬は人間が作った動物なんだよね。
そうじゃなかったら、生物学的に淘汰されるような形が固定されるわけないんだから。
命を扱うということが、どんなに大それたことか自覚して欲しいですよ。

ペットはあくまでペットじゃダメなんでしょうか?自分の子どもとして暮らすだけでいいのになって思うしねぇ。
まぁ、犬の雑誌なんかもいけないよね。
親子で仲良く暮らしてます~♪みたいな記事載せるから。
犬の雑誌にも、うんざりって言う気持ちがありますよ。

本当に、そういった人は自分の都合のいいように考えるからね。
親子なら、ずっと仲良しでいられると思うのかしら?


>この問題は永遠に平行線ですね・・

そのとおりかもしれません。

ため息出ちゃいますね・・・。

  • posted by まぁぴぃ♪ 
  • URL 
  • 2010.02/21 13:07分 
  • [Edit]

Re: NO TITLE 

鍵コメさん♪

そうですよ。
犬は自分から幸せになることも、生き方を決めることもできないんだもん。
犬はさ、赤ちゃん産んで育てて幸せ~♪なんて、思わないんだよね。
それを見ている人が、幸せな気分になりたくて繁殖するわけでしょ。
エゴなんだよねー。

手術をしてあげたのは、正解だと思いますよ~。
一方で本能を封じ込めておきながら、自分の都合で本能を目覚めさせるなんて勝手すぎますもん。
もちろん、クリスも初ヒートの前に手術しました。
鍵コメさん、ワンコのこと何も知らないといいながら、ちゃんとお勉強してるじゃないですかー^^

余計なストレスに煩わされることなく家族で色々なことにチャレンジできて、鍵コメさんとワンはとても幸せと思います♪

  • posted by まぁぴぃ♪ 
  • URL 
  • 2010.02/21 13:22分 
  • [Edit]

Re: NO TITLE 

naomikaさん♪

そう、雄犬の話ってあんまり聞かないでしょ?
本にも書いてないよね。
ちゃんと書いてくれればいいのにね。

雄の去勢は、男性に否定的な意見が圧倒的に多いんだよねー。
どうも自分と重ねるみたいで、、、(苦笑
まだ日本にいた時、去勢してあるプーを見て「可愛そうにねぇ。1回くらい経験させてあげてから手術したらよかったのにねぇ。」ってしみじみいう男性に、のけぞりましたよ~。
あらら、なーんにも分かっちゃいないのねって。
naomikaさんのお友達にも教えてあげてね。


>USの避妊去勢手術事情はいかがでしょうか。

こちらの獣医さんは、不妊手術を勧めます。
ちゃんと、メリット、デメリットも伝えるのが一般的に行われているようです。
そして、手術の際の糸も絹糸は使いません。絹糸は縫合糸反応性肉芽腫が起きやすいですから。

日本では、手術を行う際にコストダウンを図るため、又は勉強不足から、未だに絹糸を縫合糸に使う獣医さんがいるようです。
手術の際には、麻酔は何を使うのか、縫合糸はなにを使うのかきちんと確認した方がいいですよ。
きちんとした病院なら、安全な方法で麻酔をかけますし、糸も安全なものを選択しているはずです。
それにはそれなりの料金もかかるわけで・・・。
って、話が脱線しましたね。ごめんなさい。(笑


>ご存知かもしれませんが、最近日本では、mix犬が「流行」です。

そうですねぇ、こちらもたくさんいますよ。
それを売るバックヤードブリーダーもたくさんいて、週末のローカル新聞のペット売りますコーナーには沢山記載があります。
もう、どこの国も同じです。
アメリカはちっとも、先進国じゃないですよ。

ペットビジネスが成立するかぎり、不幸な命は0にはならないと思います。
でも、諦めたらおしまいとも思います。
出来ることから、お互いに頑張ろうね!
いやいや、naomikaさんは、もうすでに出来ているもんね。


きゃはは~。
私も、「人生こんなはずではぁ~~~」ばかりですよん。
良くも悪くもねー。v^-^;

  • posted by まぁぴぃ♪ 
  • URL 
  • 2010.02/21 14:07分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

Since Aug.20.2009

プロフィール

まぁ

Author:まぁ
SFベイエリアにふー(ダンナ)と下の息子Kei、M.ダックスのプー&クリスの3人+2匹で暮らしています。
昨年の春、上の息子Ryoが高校進学のため単身帰国。寮生活を送っています。
アメリカ生活、満喫中♪

最新記事

Calendar

Gremz

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。