Lovelies in Bay Area

Pooh&Chrisとのカリフォルニア生活

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬連れ国立公園の旅 2010⑤

7月9日Fri(US時間)

一昨日書いた日記が、何故か限定記事になっていました。
先程解除したけど、、、どうして???

昨日はKei、ロスガトスの陸上大会に出場。
昨年より参加者が少なくて寂しい感じがしました。
来週はもっと大勢が参加してくれるといいな。
その方が盛り上がるというものです。

終了時間は、いつものように8時を過ぎていたので、夕飯はTo goでピザ!
ハワイアンのラージサイズとスペシャルのスモールを頼んだのだけど、ラージの生地が無かったのかな?
ラージをミディアム2枚でいい?って店員さんが・・・!!
勿論OKです。
Keiと2人で、得しちゃったねっ♪ってホクホクで帰宅しました^^


*******************************************************

☆★☆ Mt.Shasta~SFベイエリア② ☆★☆

このバスで、急斜面をどんどん登っていきます。

vcm_s_kf_repr_884x588_convert_20100708104332.jpg


舗装はされているんでしょうけど、結構揺れる~。
クリス、小刻みに震えています。

ガタンコしながら、ガンガン上っていきます。

vcm_s_kf_repr_884x588_convert_20100708092313.jpg
vcm_s_kf_repr_884x588_convert_20100708092347.jpg


落ち着かないクリスとは逆に、リラックスのプー。
vcm_s_kf_repr_884x588_convert_20100708094440.jpg


バスを降りると、小さな展示場があって、、、

金鉱のことと、コウモリのことと、グループのミュージアムのこととかが展示されていました。

その奥に鉄の扉で出来ている鍾乳洞の入り口があって、ガイドの人としか入れないようになっています。

扉の上はこんな感じ。
洞窟の中を上るそうです。
vcm_s_kf_repr_884x588_convert_20100708094537.jpg


で、入ると、、、
人がやっと通れる位の狭い穴に作られた階段を上って行きます。

少し行くと左右に色々な形の鍾乳石が見られました。


写真だと何だか良く分からないですが、もこもこした感じのもの、針状のもの、剣状のものなど種類が沢山あります。

vcm_s_kf_repr_884x588_convert_20100708092422.jpg
vcm_s_kf_repr_884x588_convert_20100708092530.jpg
vcm_s_kf_repr_884x588_convert_20100708092643.jpg


この後、一気に80段の階段を上りました。
体力に自信が無い人はこれ以上は無理なんだそうです。

80段、クリスを抱いて上りましたよ~。
後ろからも人が来ているのでちょっと辛かったです。
抱っこしてるから手すりにも掴まれないし、、、
鍾乳洞だから足元は水で濡れてるし、、、

Keiはプーを抱っこしてたんだけど、やっぱり辛かったみたいですね。
何しろ人間の子どもと違って掴まってくれないので、何ていうか、まだ首の据わらない赤ちゃんを抱っこしているような感じなんです。
クリスは特にふにゃふにゃしてるので、体重のあるプーより抱っこしずらいの。
あとで交代したら、プーのが全然楽でした。

vcm_s_kf_repr_884x588_convert_20100708092712.jpg
vcm_s_kf_repr_884x588_convert_20100708092825.jpg

このざらざらした感じのところは珊瑚だそうで、
こんな高い山にある鍾乳洞も太古には海中にあったんですね。
vcm_s_kf_repr_884x588_convert_20100708092858.jpg


この後はメインホールです。


写真だと伝わらないんですよね、、、

ほんと残念なんですけど、凄いんですよ。
今まで日本で見た鍾乳洞とは全然違いました。


vcm_s_kf_repr_884x588_convert_20100708093511.jpg

この下がっている鍾乳石がまるで三つ網の髪の毛のようになっているんですよ。
で、この鍾乳石の芯は水晶なんです。
途中に折れた鍾乳石柱があったのですが、まさしく水晶でした。

そして、このホール天井が凄く高いんです。
鍾乳石の大きさや長さは、写っている人と比べてください。

vcm_s_kf_repr_884x588_convert_20100708093707.jpg
vcm_s_kf_repr_884x588_convert_20100708093905.jpg
vcm_s_kf_repr_884x588_convert_20100708094025.jpg


ね、くりぷーも一緒でしょ?
vcm_s_kf_repr_884x588_convert_20100708093821.jpg


日本じゃ考えられないでしょ?
鍾乳洞に一緒に犬を連れて入れるなんて・・・。
でも抱いて歩ける小型犬だけです。
大きな犬さんは、お外でお留守番なんですよ。
くりぷー、小型犬で良かった。

だけど、犬たちにとっては迷惑だったかもねー。
特にクリスは、、、
でも、いい経験だったよね^^


大ホールで鍾乳洞はお終い。
外へ出たら、上ってきた分下りなくては・・・
外階段をえっちらおっちら下りました。

この階段がまた曲者で、、、
幅が全く一定してないし、靴よりも小さい幅の段なんかもあって、下手すると転びそうでした。
注意しながらゆっくり下りるしかないです。
もしかしたら、それを狙ってるのかな?
うーん、謎。

階段はともかく、鍾乳洞は人が見学する時だけライトがオンになるのです。
自由に見学できてしまう日本のシステムとは違って、少人数だし、ガイドはいるし、鍾乳洞の痛みが少ないようになっているんです。
こういうところ、日本でも真似したいよね。


無事に下りて、おトイレを済ませてリラックスするクリス。
vcm_s_kf_repr_884x588_convert_20100708094212.jpg


うん、凄かった。
素晴らしかった。
こういうスポットは、こちらに住んでいなければ中々行かれない所だと思うので、とっても嬉しかったです。
結構近場で、日本じゃ知られていないけど、素敵な場所があるものですね♪

次のボートが来るのを待って、元来た湖畔に戻りました。

vcm_s_kf_repr_884x588_convert_20100708094139.jpg


オフィスには、お土産屋さんとスナックスタンドがあって、何か記念になるものをと思ったんだけど、アメリカのお土産コーナーって、絵葉書なんか以外は本当にどこへ行っても同じようなもので、全く欲しいと思うものがありませんでした。
で、暑いのでアイスとピザを買って、外のベンチで食べました。

休憩を終えて、一路我が家に向かいます。


たった2泊3日の旅でしたが、とっても楽しかった。
強いて言えば、Ryoも一緒だったら良かったのになーと思います。

でも、彼は彼なりの充実した毎日があるようで、それはそれでいいのかもしれないです。
ま、帰国したらみんなで温泉にでも行きましょうかねぇ。

あ、勿論くりぷーも一緒にね^^


~~* 犬連れ国立公園の旅2010 終わり *~~

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

Since Aug.20.2009

プロフィール

まぁ

Author:まぁ
SFベイエリアにふー(ダンナ)と下の息子Kei、M.ダックスのプー&クリスの3人+2匹で暮らしています。
昨年の春、上の息子Ryoが高校進学のため単身帰国。寮生活を送っています。
アメリカ生活、満喫中♪

最新記事

Calendar

Gremz

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。