Lovelies in Bay Area

Pooh&Chrisとのカリフォルニア生活

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本からのお土産色々①

7月19日Mon(US時間)

昨日お昼過ぎ、ふー(ダンナ)無事帰ってきました。
フライトは順調だったものの、空港内が混雑していて大変だったらしいです。
日本はもう夏休みだもんね。
観光の人が多いのかな?

以前から日本の家族にお願いしていた物や、今回ふーにお願いしたお土産がたくさん。


これ、なーんだ?

DSC_4715_convert_20100720090151.jpg



手前は「お茶ミル」
後ろは「ビーポーレン(花粉荷)」です。

今はもう落ち着いているから書けますが、シュウ酸カルシウム結石の手術後の手作り食で相談されたときに「マルチビタミン・ミネラル」としてお勧めしたものです。
犬のシュウ酸カルシウム結石尿症は、人間と違って食事の処方に意見が分かれるのです。

ひとつは、犬の療法食(ドライフードや缶詰)に基づくもの。
もうひとつは、人間の療法食と同じ考えに基づくもの。

どちらを参考にするか、かなり悩みました。
ホリスティック獣医師が書いた本でも意見が分かれていて、勿論ネットの情報も参考にしましたが、いやはや、どうしたものかというくらい人によって違うのです。
比較的新しい情報では人間の療法食に近いということがわかったので、人間の療法食に基づいて犬用にアレンジといった方針でいくことに・・・。

その時に、ビタミンCが問題になり、、、
犬では摂るな、人間では十分に摂れ。???
・・・どうするか、と考えた時に「自然なものからビタミン・ミネラルを摂ろう」と思いました。
ビタミンCだけをサプリメントで補うのではなく、あくまでも食品からということで、
ヨーロッパでは「パーフェクトフード」と呼ばれている『花粉荷』を思いついたのでした。
確認されているビタミン・ミネラル、アミノ酸だけでなく未知なる物質も含まれているらしく、その相乗効果で体に優しく、且とても効果があるというものです。

お勧めするだけでなはく我が家でも使いたいな・・・
でも、USで辞書引きながら品質を確かめるのメンドクサイなぁと思い、今回出張中のふーに買ってきて貰ったのでした。(正確には実家の母と妹にお願いしたんだけど)

花粉荷というのはミツバチが運んでくる花粉団子のことなんだけど、花粉って細胞膜が結構しっかりしているので、そのまま食べたのでは効率よく成分が吸収されにくいらしいのです。

そこで「お茶ミル」の登場です。

このミルはお茶の葉を抹茶にするもので、説明によるとパウダー状になるのだそう。
これなら花粉の細胞膜を破壊できるかなーということで購入しました。

もちろん人間も犬もナチュラルサプリメントとして使いますよ~。
なので犬たちは今使っているマルチビタミンを朝夕どちらかにして、花粉荷をプラス。
人間はエマージェンCを1回減らして花粉荷を使おうと思っています。

やっぱりね、自然なものからの方が体に優しいし、犬も人間もシニアに近づいているし、、、
Keiも育ち盛りだし、、、
あ、Ryoはどうしよう?

買って送るかな・・・

花粉荷は、単に花粉なだけじゃないんですよ。
ミツバチが蜜を混ぜてどうのこうの・・・詳しくは下記参照のサイトで見てくださいませ。


今日のくりぷー

DSC_4713_convert_20100720090112.jpg
DSC_4712_convert_20100720090035.jpg


今日は最高気温28℃。
家の中は涼しいので、もう最高にお昼寝日和。

でも、日差しは強いんだなー。
なのでお散歩は7時過ぎからです。

私が部屋を移動するたびに、くっついてくる2匹。
かぁわいぃ~い♪

だからといってべったりくっついてくるわけでもなく、同じ部屋にいるだけなんだけど、、、
私のお仕事(何?)を邪魔しないでおりこうさん。

日が暮れたらお散歩行こうね~^^


※参考
山田養蜂場 花粉荷
京セラ セラミックミル

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

Since Aug.20.2009

プロフィール

まぁ

Author:まぁ
SFベイエリアにふー(ダンナ)と下の息子Kei、M.ダックスのプー&クリスの3人+2匹で暮らしています。
昨年の春、上の息子Ryoが高校進学のため単身帰国。寮生活を送っています。
アメリカ生活、満喫中♪

最新記事

Calendar

Gremz

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。