Lovelies in Bay Area

Pooh&Chrisとのカリフォルニア生活

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の輸入検疫②【追記】あり

1月10日Mon(US時間)

犬の輸入検疫①の続き・・・

④次に重要なのが、日本に「到着する40日前まで」に到着予定空港に届出をしなければならないことです。
これが遅れると、せっかく検疫準備を万全にしても入国することができません。

また、搭乗予定の航空会社にも、犬(動物)が乗ることを知らせておかなければなりません。
一機に乗ることが出来る動物の数は、決められているようです。
犬(動物)だけ貨物扱いで別便輸送ということも出来るけれど、たとえ書類に不備がなくても係留時間が大幅に長くなり、とても犬(動物)に負担がかかります。
なので『携帯品』として、一緒の飛行機に乗ることが望ましいのです。

いつになるか日にち等が決定していなくても、届出さえ出しておけば、航空会社や日時の変更は「変更届」を提出すれば出来ますから、早めに届出をだしておくのがいいと思います。

届出が空港の検疫所で受理されると、「届出受理書」がメールで送られてきます。
それをプリントアウトして保管しておきます。(日本で実際に検疫を受ける時に必要です)

⑤かかりつけ病院での健康診断の予約
受理書が届いたら、犬の健康診断をして貰うように動物病院に予約を入れます。

⑥同時に、USDA(米国農水省)のべテリナリー・サービスにも、エンドースメント(裏書)をして貰うように予約を入れます。

⑤⑥は「出国前2日以内が望ましい」とありますが、実際は10日くらい前でも大丈夫です。
くり・ぷーは⑤は8日前、⑥は1週間前に行い、すぐにそれを検疫所にチェックして貰い、入国OKを確定して貰いました。

これで全ての書類の原本を忘れさえしなければ、空港の検疫カウンターのチェックを受け、20分位で入国することが出来ます!


これは、私が実際に行ってきた犬の輸入検疫についてですが、検疫制度もこの数年で変更や見直しが行われているので、定期的に検疫所のHPをチェックすることをオススメします。

そして、変更された箇所と以前の文章が一致してない箇所が存在しますから、きちんとよく読んで理解し、疑問は検疫所に質問することが大切だと思います。
検疫所の方は、皆とても親切に説明してくださいます。
私は、メールのやり取りをコピーして原本と一緒に持っていました。
万が一にも、空港でトラブルがあった時のために・・・不要だったけど^^

また、届出に必要な書類は、全て検疫所のHPから入手出来ます。


以下は、検疫所から実際に送られてきた、メールのコピーの一部です。
出国の1週間前にメールを頂きました。
きめ細かなサービスは、日本ならではと思います*^-^*


送信していただく証明書は以下のとおりです。
1.下記の内容を満たした証明書(輸出国政府機関発行のもの):Form A、Form C1/3、2/3、3/3を推奨
(1)動物についての基本的な情報(動物種、品種、性別、生年月日又は年齢)
(2)マイクロチップ番号(重要な情報です)
(3)輸出国滞在中に行った全ての狂犬病ワクチン(接種年月日、有効期間、不活化であること、ワクチン名およびメーカー)
(4)健康証明書
2.届出受理書
3.輸出検疫証明書(2007/2/3に発行されたもの)

※事前にFAXや電子メールで送信していただいた場合でも、日本到着時には原本が必要となります。
※日本出国時に動物検疫所が発行した輸出検疫証明書の原本又は副本(フォトコピー不可)及び狂犬病抗体検査証明書の原本も日本到着時に必要となります。
忘れずにお持ちください。

【追記】国の公的機関による狂犬病抗体価測定証明書の原本(くり・ぷーはカンザスの大学の研究所)も必要です。(←これが一番重要と思います)


ちなみに、カリフォルニアの動物の検疫に関わるUSDAは、サクラメント、、ロサンゼルス、あと1ヶ所(どこだったかな?)の3箇所にしかないそうです。
サンフランシスコには出張機関があります。くり・ぷーはそこでエンドースメントを貰いました。
出張所でスタンプを貰う前に、サクラメントのUSDAに書類をFAXし、内容の確認をして貰いました。
その前に、日本の検疫所でOKを貰っていたので、ドキドキ~とかはなかったですけど、面倒くさいな~ってちょっと思ったりして・・・。
でも、公的文書というのはそれくらい重要なものだってことですよね。

USDAの数は広いカリフォルニアでも限られているけれど、出張所はあるのかもしれません。
調べてみてください。

最後は、サンフランシスコのUSDAのべテリナリー・サービスの写真です。
住所も記しておきます。


FWY101をSFに向かい、SFOを過ぎると・・・
DSC_5938_convert_20110111054456.jpg

DSC_5939_convert_20110111054738.jpg

道なりに進むと、左側に見えてきます
DSC_5940_convert_20110111060419.jpg

DSC_5942_convert_20110111060547.jpg


Gary F.L.Chun,V.M.D
389 OysterpointBlvd Suite2
So.San Francisco,CA94080
(650)876 9358


おまけ

お部屋の中は、こんなでした。
ナイショね・・・

DSC_5943_convert_20110111060640.jpg

スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

なるほど。。これ全部、ご自分でされたのですね。。。すごい!!
私、自分でできるかなぁ。。
けど、とってもとっても参考になりました。こうゆう情報、とてもありがたいです。v-218
  • posted by FUMIKO 
  • URL 
  • 2011.01/12 12:20分 
  • [Edit]

Re: NoTitle 

FUMIKOさん♪

参考になりましたか~?^^
良かったです!

英語が必要なところ以外は、自分でやりましたぁ。
でも、FUMIKOさんは全部自分で出来るよね~。

今度お会いする時に、書類とか詳しいことお話しますね~♪
  • posted by まぁ 
  • URL 
  • 2011.01/14 04:39分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

Since Aug.20.2009

プロフィール

まぁ

Author:まぁ
SFベイエリアにふー(ダンナ)と下の息子Kei、M.ダックスのプー&クリスの3人+2匹で暮らしています。
昨年の春、上の息子Ryoが高校進学のため単身帰国。寮生活を送っています。
アメリカ生活、満喫中♪

最新記事

Calendar

Gremz

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。