Lovelies in Bay Area

Pooh&Chrisとのカリフォルニア生活

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プー、育て直し

7月1日Fri(US時間)

プーの育て直しをしています。

プーは、子犬の頃から良く吠える子でした。
今も良く吠えます。

これを何とかしたいと思っていました。

同じ空間で生活していても、クリスはあんまり吠えません。
生後5ヶ月までに、吠えたのは多分数回です。
玄関チャイムにプーが激しく反応しても、全く吠えませんでした。

大人になるに連れて吠えるようになったけれど、USに来てからのトレーニングで、かなりコントロール出来るようになりました。

それは、クリスが私の出すコマンドに耳を傾けるようになったからだと思うのです。

でも、プーはそうはいかない。
呼んでも反応するのはクリスだけのことも多し・・・

これではいけない。

だから、プーを育て直すことにしました。

DSC_6587_convert_20110702100709.jpg


実は、私は吠える犬が好きではないのです。
犬は吠える生き物なのにね。
実にご都合主義な私・・・。

プーは吠えなければ良い子なのにな・・・・
というのは思い過ごしで、冷静になってみると、ぜーんぜん良い子ではなかったです。
私を無視して、自分勝手に行動すること多し・・・
まあ、凄い悪い子でもないけれど、良い子かな?と考えたら・・・うーん(汗

でもね、そう考えるのは人間である私の都合で、本当はプーは悪い子じゃありません。
悪いのは、私なのです。
こうするんだよ、ってきちんと教えていないんだから。

吠えないでいてくれたらな・・・
良い子になってくれたらな・・・

なーんて私の思いを、犬が考えて応えてくれるわけがない。

犬は、人間ではないのだから。


DSC_7041_convert_20110702105332.jpg


だから、育て直そう。
パピーの時みたいに、1から教えてあげよう。

そう決めました。

今までは、体の健康ばかり気を使って、教育するということを忘れていました。

教育なくして、本当に犬が幸せに生活ができると言えるのかな?

体が健康なだけでいいのかな?

過剰に吠えたり、自分で考えて行動することは、犬にとって不安になる一因なんじゃないかな?
ストレスなんじゃないかな?
自分で考えさせるということは、責任を持たせるということだよね?
犬にそんな大そうな仕事を与えてしまっては可哀相。


今、食事や運動や毎日のケアで、クリスやプーの健康管理は十分に出来ていると思います。

だから、これからは、プーやクリスが 『如何に安心して暮らせるか』 を考えて行こう。
初心に返って、トレーニングしよう。

ホリスティック・ケアっていう言葉に惑わされないように・・・

でも、本当のホリスティック・ケアの意味って、『心身共に健康』ってことだよね。

トレーニングで良い子に・・・

違うよ!『良い子』ではなくて、本来の姿を取り戻してあげるのよ。

初めから悪い犬なんて、いないんだものね。


さてさて、これからプーにどんな変化が出てくるかな?
勿論クリスもね~。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

Since Aug.20.2009

プロフィール

まぁ

Author:まぁ
SFベイエリアにふー(ダンナ)と下の息子Kei、M.ダックスのプー&クリスの3人+2匹で暮らしています。
昨年の春、上の息子Ryoが高校進学のため単身帰国。寮生活を送っています。
アメリカ生活、満喫中♪

最新記事

Calendar

Gremz

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。