Lovelies in Bay Area

Pooh&Chrisとのカリフォルニア生活

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「犬ごはん」についてのあれこれ

7月29日Fri(US時間)

最近来たヒートウェーブの頃から、
日中と夜との寒暖の差について行けずに、お腹の調子が今ひとつな、くりぷー。

こういう時は、お肉も野菜も加熱して、白飯でお粥を作って、
フードプロセッサーで人間の赤ちゃんの離乳食のようにしてしまいます。
こうすると、早く回復してくるんですよね。

お腹の具合が良くないときの、人間と同じです。

ハーブとサプリは加えますが、ビタミンCが多いと逆効果なので、そこは考えて使います。


食後の日向ぼっこ、最高~!
DSC_7160_convert_20110730043238.jpg



犬のごはん、手作りしていると言うと・・・
「すご~い」とか、「大変でしょう?」とか、「栄養バランスに自信ないから、踏み切れない」とか、色々言われますが・・・
我が家の犬ごはん、恥ずかしくなるほど簡単なのです。

大体、根菜はまとめて作って冷凍保存だし、生野菜は人間のサラダをフードプロセッサーでみじん切りかピュレだし、お肉は計ってるけど、大体の重さだし・・・
味付けなくていいし・・・

そんなに毎日大変だったら、6年も続くわけないじゃない?って思います。

栄養のバランスだって、毎日少しずつ違う物を食べていれば、自然に取れると思うんですよねぇ。
ずっと同じ食事で摂ろうとするから、完璧が求められるわけで・・・

だけど、完璧な食事なんて、この世にあるんだろうか?

犬は人間のおこぼれを貰って生きてきたでしょう?
人間と同じ食材でいけないこと、ある訳ない!

そりゃあ人間とは違う生き物だから、食べたら害になるものはあるけれど、それを除けば普通に冷蔵庫にあるもので賄えるはず・・・

基本さえ分かってしまえば、心配するほどのことでは無い気がします。


日本には、生食用の骨入りや内臓入りのミンチが売られているじゃないですか。
そんな便利なものが買えるのに・・・使わないなんて勿体無いです!
USに余分なものが入ってない、そういうシンプルなものって売ってるのかしら?
日本はいいなぁ。羨ましい~。


お友達の mika さんが、犬ごはんについて書いてくれています。 
★こちら
ドイツで獣医師をしている京子アルシャーさんも、犬のごはんやドッグフードについて書いています。 
★Bodai Blog (カテゴリ・いぬめし)
私も、「くりぷーのごはん」は過去に色々とやってきました。
(カテゴリ、くりぷーの食事・健康管理でもたまに書いています)

プーはクリスを迎えるちょっと前までドッグフードでしたし、加熱食の時もあったし、生食にこだわった時期もありました。
でも、今は何でもありです。
ドッグフードだって、時々使います。

人間だって、忙しい朝はシリアルに牛乳かけて終わりのこともあるし・・・
ジャンクフード(ファストフードね^^)だって食べますよね。

それと同じです。

私はドッグフードは、シリアルやファストフードと同じと考えています。

だから、毎日のごはんには採用しないだけなのですよ~^^


ドッグフードで健康で長生きの子もいれば、食事に細心の注意を払っていても病気になる子もいます。
遺伝や環境が複雑に絡み合っているのだから、当然ですよね。

でも、私は自分の家族と同じように、ごはんを作ります。
手間かからないし・・・


犬にごはんを作る一番の理由は・・・

自分が幸せを感じるからかな~?^^

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

Since Aug.20.2009

プロフィール

まぁ

Author:まぁ
SFベイエリアにふー(ダンナ)と下の息子Kei、M.ダックスのプー&クリスの3人+2匹で暮らしています。
昨年の春、上の息子Ryoが高校進学のため単身帰国。寮生活を送っています。
アメリカ生活、満喫中♪

最新記事

Calendar

Gremz

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。