Lovelies in Bay Area

Pooh&Chrisとのカリフォルニア生活

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再度・動物愛護管理法改正に向けてのお願い

8月19日Fri(US時間)

もう一度、お知らせです。

動物愛護管理法改正に向けてのお願い
(↑師匠のブログに飛びます)

たくさんの人に知って貰いたいのです。
そして、声を届けて欲しいのです。

ペットショップで売られている可愛い子犬・子猫たち。
ショップに来る子犬・子猫たちが、それまでどんな風に生まれてどんな環境で育ってくることが多いのかを、知っている人はどれだけいるのでしょうか?

もし、ここを訪れてくれた人がいるならば、お願いです。

動物に関係ないサイトの方でも、このことをお知らせして欲しいのです。


小さな命をペットショップで迎えることが、どんなに問題なのかを分かって欲しい。
生き物をネットオークションで手に入れることが、どんなに不自然なことなのか分かって欲しい。

そこには、お金儲けのなめならば、動物をまるで工業機械のように扱い、子犬を産ませるだけ産ませて、病気になったり、不要になった犬をゴミのように捨てる業者が背後にいることを知って欲しいのです。

私もそれを知るまでは、ペットショップの小さくて可愛い子犬を見て喜んでいました。
だけど、そこにいる子犬の生い立ちや、母犬のことを知った時は愕然としました。

ですから、今は、犬・猫の生体販売をしているショップからは何も買いません。
店舗であろうとネットショップであろうと、そういったショップが儲かるような事はとても嫌です。


日本も、大手のペットショップが犬・猫の生体販売から手を引いてくれたらいいのに・・・

USでは、大手ペットショップは、犬・猫の生体販売はしていません。
反対に週末には、動物のアダプションを行ったりしています。(正確にいえば場所を提供している)


USが動物愛護先進国かといえば、そうでないところも沢山あります。
でも、犬や猫など、本来の飼い方とかけ離れた展示販売をしないということは、価値あることだと思います。

小さな声でも、集まれば大きな力になると信じています。

どうか、ご協力をお願いします。

【追記】
USでも、州によっては、店頭で犬を販売するショップがあることがわかりました。
★こちら をご覧下さい。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

Since Aug.20.2009

プロフィール

まぁ

Author:まぁ
SFベイエリアにふー(ダンナ)と下の息子Kei、M.ダックスのプー&クリスの3人+2匹で暮らしています。
昨年の春、上の息子Ryoが高校進学のため単身帰国。寮生活を送っています。
アメリカ生活、満喫中♪

最新記事

Calendar

Gremz

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。