Lovelies in Bay Area

Pooh&Chrisとのカリフォルニア生活

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカのペット事情②

9月25日Fri(US時間)霧太陽2

一昨日、『アメリカのペット事情』という記事を書きました。
アメリカのいいところだけを取り上げるのではなく、アメリカが抱えている問題点も合わせて知って欲しい。
決してアメリカは『ペット先進国ではない』ということを踏まえて、日本の愛護活動を行って欲しいという思いからです。
何故、アメリカにはアニマルポリス、アニマルコントロールが存在するのか。
その意味をきちんと理解して欲しいと思います。

私は駐在員の家族で、本当に恵まれた治安の良い地区に住んでいます。
でも、アメリカには一般に「絶対に足を踏み入れてはいけない」といわれている地区が存在します。
SFベイエリアは一般的に治安はとても良いとされていますが、そんなSFベイエリアにも「危険区域」は存在します。
そこには、低所得の人々が住んでいるのです。
貧富の差が激しい、格差社会のアメリカでは、こういった地域が出来てしまいます。
SFベイエリアの事件は90%以上は、この「危険区域」で発生しています。
私はそこへ実際に行ったことはありません。
でも、事実、そんな地域は存在するのです。

その反面、ミドルクラスや富裕層の人々が住む地域では、市の予算を使って、街を美しく保つようにしています。
街路樹の手入れ、ゴミの回収、道路の清掃・・・。
そこに住む住民にも協力が求められます。
例えば道路に面するフロントヤードが荒れていると、書面で整備するように警告が出ます。
ヘリコプターで視察し、バックヤードのプールが汚れていると、改善するように警告されます。
蚊やその他の害虫の発生を防ぐためです。
とにかく、綺麗な街を保ち、犯罪が起きにくくなる様にしています。
犯罪を犯すような人が居づらくなるようにしているのです。
勿論、市民から集めた税金でまかなうため、街が美しいということは、それなりに所得がある人たちが住む街ということになります。


危険地域。そこにも犬はいます。
人間はどんなに貧しくても、動物と一緒に暮らしたいんですね。
彼らの存在が必要なんです。心が安らぐのでしょうね。
だけど、彼らはきちんと犬を飼うことが難しいのです。
生きていくのに精一杯の彼らに、高額の不妊手術や、トレーニングはしてあげられません。

これは、くりぷーがお世話になっているLA在住のトレーナーさんのブログにUPされていたものです。
これがアメリカの現実の姿です。

これでもアメリカは『素晴らしいペット先進国』ですか?

こちら  ←是非ご覧下さい。

併せてD911もご覧いただけたらと思います。

本当の動物愛護って何なのか・・・。

感慨深いです。

スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

まぁぴぃさん、こんにちは。
動画、見せていただきました。

当たり前のことなのだと思いますが、それぞれの国の抱えている問題とか、人種の特性とかがその国の動物を見ているとわかりますよね。

アメリカは世界一の大国ゆえに世界一問題を抱えている国と言っても良いと思います。
良いことも悪いことも世界一ですよね。

今の日本には動画にあったような荒れた地域や荒れた野犬などはほとんど存在しないと思います。
それが日本が全体的に富んでいる国だからなのかも知れませんが、その分「金儲け」「一過性ブーム」に走る傾向も日本人にはありますよね。

動物愛護・・・深く考えると水族館でも動物園でも極端に言えば虐待に当たる軟禁に当たってしまうかもしれないですよね。
完全な動物愛護なんてないように、できないように感じます。

まぁぴぃさんとお話できるようになって、いろんな闇も知ることができ、また考えることもできるようになりました。

ありがとうございます。
  • posted by ミントママ 
  • URL 
  • 2009.09/26 16:49分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは。
衝撃的な動画ですね。

確かに、アメリカは日本以上に格差社会だと思います。
でも、それでも、貧しくても動物を必要としてるんですね。
いかに、動物が癒しなのか、わかりますよね。

日本で報道されてる または 講演などていわれてる事は
海外の いいことばかりだと思います。
いいことがあるからには、悪いこともあるのが自然だと思う。
それも、知ることも大切ですよね。
アニマルポリスは、荒れた地域にも、しっかり活動してるんでしょうか?TVで見たときは、そんな地域じゃなかったような気がします。

野良犬は、あまり見かけないし、あのように荒れた地域もないです。子犬と一緒にあるてる母親犬とかも、みかけないです。

現実を知ることにより、飼い主の考えを変えていくってのも、
小さいことですが大切なことだと思います。

動物愛護週間でも、。。それをしたことで
どのように 人々の心に反映するかですよね。

ペットはかわいいだけじゃなく、いろんな闇を知ることも大切ですよね。ペット先進国じゃないと嘆いてるだけじゃなく。。。
  • posted by satomi 
  • URL 
  • 2009.09/26 18:00分 
  • [Edit]

Re: NoTitle 

ミントママさん♪

そうですね、その国で暮らしてみないと分からないことってありますよね。
でも、私だってクリスが問題の無いいい子ちゃんだったら、このような事は知らずに通り過ぎてしまったと思います。
クリスがきっかけで知り合う事が出来たLAのトレーナーさんに会う事がなかったら、色々なことに疑問を持って調べる事をしなかったら、このような事実を知る事はなかったと思います。

だけど、私は知ってしまったのです。

ほんの一握りの方たちでもいい、真実を知って欲しかった。
そんな時、ミントママさんの日記を読みました。

思い切ってママさんの日記にコメントしてよかったです。

水族館だって動物園だって、どんなに環境を整えても、自然と同じには出来ないですものね。
今、動物園もそのあり方を問われて色々な取り組みがされているようですが、それが正しいのかどうかということは答えが出ないような気がします。
野生の生き物を囲いの中で管理すること自体、動物愛護から外れているのでしょうね。
難しい問題ですね。

でも、犬は人間が作った生き物です。
だから、人間が責任を持って管理しなくてはいけないと思うのです。
酷い事をするのも人間なら、それを改善しなくちゃならないのも人間。
同じ人間として、きちんと責任を取る義務があると思うのです。

私は犬と一緒に暮らしている、ただのお気楽主婦だけど、そんな私にも考える事が出来るのだから、ちょっとしたきっかけがあれば沢山の方々にも考えて貰えると思っています。

自分の愛犬だけを可愛がるだけでなく、ううん、それでけだっていいのだと思うけど、ちょっとだけでも外のことに目を向けたなら、もっといい環境が生まれて、もっと犬との暮らしが楽しくなると思うのです。
私はそれを信じています。

私はミントママさんの日記をずっと読ませて頂いて、たくさんのことを学びました。
こちらこそ、「ありがとうございます」です。

  • posted by まぁぴぃ♪ 
  • URL 
  • 2009.09/27 07:13分 
  • [Edit]

Re: NoTitle 

satomiさん♪

はい、衝撃的でしたね。
LAのトレーナーさんに、ブログにUPしたから見てってメール頂いたんですけど、トレーナーさんを知らない方にも是非知って欲しいと思いました。
映像の力って大きいですものね。

私の小さい頃にも、ゴミを漁っている野良ちゃんがいましたけど、こんな凄い光景は初めて見ました。

私、夏休みに旅行に行ったんですけど、車で移動しているとね、トレーラーハウスみたいな所に住んでいる人達も犬を飼ってるんですよ。
勿論、お外でつなぎ飼いですけど・・・。
何十マイルも先に行かないとスーパーも無いような、ここで人間が暮らせるの?お水はどうするの?みたいな所でも、犬を飼うんです。
やっぱり犬と人間は、寄り添って生活するように出来ているんだなぁって、改めて思いました。

危険区域と呼ばれているところは、警官さえも命の保障がないところです。
SFベイエリアでもね、危険区域で警官が射殺されるんですよ。
こちらは銃社会ですから、一般の人も護身用に銃を持っています。
シェリフ(委託警官)のパトロールカーにはショットガンが助手席との間に置いてあります。
普通の警備員だって拳銃を持ってますよ。
そういうのを見ると、あぁ、ここはアメリカだなーって思いますね。
危険区域なら尚更危ないですよね。
だから、あのような状態になるまで中々手を出せないのじゃないかと思います。
私も実際には分からないです。お答えにならなくてごめんなさいね。

ただ、もう少し危険度が低い地域では、アニマルコントロールがきちんと活動しているようです。

アニマルプラネットという動物に関して専門に放映している番組があるんですけど、マイアミとかのアニマルレスキューの番組をやる事があるんです。
酷いですよ。馬とかもね、虐待されちゃうの。ガリガリで立っているのがやっとっていう感じで・・・。
それをね、ビフォー・アフター、保護して元気になったよ、とか残念ながら死んでしまったよとか、ちゃんと最後まで見せてくれるんですよ。勿論その過程もね。

日本でも確かやってたよね。アニマルプラネット。
でも、美しい地球の野生動物の番組だったという記憶があります。

自分の家族になった子を可愛がるだけでもいいと思うんです。
でも、真実を知る事によって、何か変わるんじゃないかなって思うのです。
平凡な主婦の私でも考えることが出来るんだもの。

ひとりひとりが、ちょっと変わるだけで、大きな力になると思うのですよ^-^

きゃはは、偉そうな事言ってしまったわ。
でも、たまにはいいですよね。
  • posted by まぁぴぃ♪ 
  • URL 
  • 2009.09/27 08:04分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

Since Aug.20.2009

プロフィール

まぁ

Author:まぁ
SFベイエリアにふー(ダンナ)と下の息子Kei、M.ダックスのプー&クリスの3人+2匹で暮らしています。
昨年の春、上の息子Ryoが高校進学のため単身帰国。寮生活を送っています。
アメリカ生活、満喫中♪

最新記事

Calendar

Gremz

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。