Lovelies in Bay Area

Pooh&Chrisとのカリフォルニア生活

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お別れは突然やってくる

9月26日Mon(US時間)

ふー(ダンナ)が、先週イスラエルとドイツに出張だったんだけれど、
一緒に行ったSさんの愛犬が、亡くなったという。

もう、1ヶ月くらい前に、突然調子悪くなって入院したということは聞いていました。
その後のことは聞いていなかったのだけど、入院して、手術して、そのまま・・・
安楽死だったそうです。

朝、Sさんの奥さんがいつものようにお散歩して帰ってきたら、突然動かなくなって、
みるみるうちにお腹が膨れていったのだそう。

すぐにエマージェンシーで病院へ行き、緊急手術になったそうなのです。
お腹を開けると、血の海で・・・
脾臓が破裂していたのだそうです。
手術後、輸血しても吐血・下血が止まらず、
もう手の施しようがないとドクターから言われてしまった。
だから、点滴に筋弛緩剤を入れて、そのまま眠らせたのだそうです。
13才だったって・・・

人懐こくて、ちょっと太めのビションフリーゼでした。
一人っ子の息子さんの兄弟として迎えた犬でした。
可愛かったんですよ、とっても。
スキップ。
もう、会えないなんて信じられないよ。

お別れは、突然やって来る。
本当のさようならは、「さよなら」っていう挨拶もさせてくれないんだね。

いつも交わす、「さよなら」って言葉は、
「また会おうね」っていう約束の言葉なんだって思いました。


3・11のあの日だって、挨拶もなしに尊い命が奪われた。
毎日をっしっかりと、大切に生きなくちゃいけないな・・・
今日、ちゃんとしっかり生きたかな?

何気ない日々が、とても大切に思える今日この頃です。


DSC_7338_convert_20110927123824.jpg

レースドール 2体目・3体目

9月21日Wed(US時間)

月曜からヒートウェーブが来ているSFベイエリアです。
あ、暑いです。
今日も39℃越えました。

そんな暑い中、3体目のレースドールが仕上がりましたぁ!

DSC_7434_convert_20110922094049.jpg


この子の、違った角度からの写真も是非見てください!

続きをどうぞ♪

ダックス小隊+サブメンバー・サンディ@Cottle プーの笑顔

9月16日Fri(US時間)

13日の Cottle での、久しぶりの写真です。

本日のメンバー
ぐら、ぐり、プー、クリス、そしてサンディ
DSC_7319_convert_20110917152508.jpg

この日は、プーが絶好調!
凄く楽しそうで、ずっと笑顔でした。

そして・・・

珍しく、くぼ地を走っていました。

DSC_7331_convert_20110917154720.jpg

DSC_7332_convert_20110917152855.jpg

DSC_7333_convert_20110917160245.jpg


走り終わった後は、この笑顔。

DSC_7337_convert_20110917152946.jpg


歩道でも、いつもより心なしか楽しそうだったし、呼び戻しもバッチリ。

プー、体調がいいんだねー^^


駐車場の前のサッカー場でも、楽しそうに走っていました。

DSC_7348_convert_20110917153230.jpg



帰国しても、気の合うお友達が見つかったら、
時々ドッグランを貸切で借りて、こうやって走ったりして遊びたいね。

お食事ブログを作りました

9月11日Sun(US時間)

この日記とは別に、もう一つアメブロにも日記を書いていたのですが・・・
同じようなこと書いても仕方ないかなと思い、、、
どうせなら、うちで作る犬ごはんの事なんかを記録していくことにしました。

プーは、最近は若い頃には全く大丈夫だったラムでお腹を壊したり、
お魚も火を通さないとお腹が緩くなったり、
色々な変化が出てくるようになったし・・・

この春からだんだんと痩せていき、体重がベストの時よりも600gも減ってしまって、
ガリガリになった時期もありました。
今はベストの時よりは減ってしまったけど、適度に脂肪もついて、
ガリガリから脱出しています。

この時に役立ったのが、日記には公開していないけれど、
毎日のように撮っていた、くりぷーごはんの写真なのです。

量は定かではありませんが、入っている食材などが良く分かります。
それらを見て、食材の見直しをしました。

犬の食事の本を何回読んでも、ネットで検索しても、
正直、これ!という原因が分からなかったのですが、
やはりこれが原因かな?というものに気づくことができました。


犬の食事の内容に、「絶対にこれがいいんだ」というものは、ありません。
その子に合った食材・量というものが、必ずあります。

そして、犬にはダメと言われていたものが、実は大丈夫だったり、
栄養がほとんど無いといわれていたものに、豊富な栄養素が含まれていたり、
研究によっても、評価は変わっていきます。
そして、食材には、まだまだ未知な部分が沢山あります。

犬のごはんに限らず、
食材には、摂りすぎれば毒となるようなものも、含まれていることもあります。

どんなものでも、適量というものがあるのです。

それは、何を食べさせたか、
そしてその結果である「うんち」を見て決めるしかありません。

それを、これから記録して考察していこうと思い、
アメブロで日記にしていこうと思いました。

犬ごはんを自分で作るようになってから6年半を越えました。
これまでに分かったことも沢山ありますけれど、
はっきりとした記録的なものはありません。

勿体無いなかったなぁ・・・


というわけですので、興味がありましたらご覧下さいませ。

ちなみに、日本時間の9月12日現在は、
食事メモはまだ書いておりませんので、あしからず~~~です♪

ゆるるんな毎日の食卓 宜しくです

DSC_5482_convert_20101018084437.jpg

瞑想

9月6日Tue(US時間)

先週の土曜日、ふー(ダンナ)と一緒に、気功のお話を聞いてきました。
趣味のレースドール教室の先生の旦那様が、気功の先生なのです。


『気』とは、目に見えないもの、科学で証明できていないもの。
しかしながら、生きているものには必ず存在していて、
血液と同じように体の中に流れているもの。
五感では、感じられないもの。

もっと深いお話があったけれど・・・・
ここでは、やめておきます。


で、気功を教えていただくかとうかは別として、
瞑想のやり方を、教えていただきました。
(私はもっと前に、レースドールのクラスの時に教えていただいていました。)


本当にね、手がピリピリするんですよ。
そして、熱くなるんです。
体の力を抜いて、おへそ(丹田)のあたりに気持ちを集中します。
瞑想のポーズがあるのですが、説明がねぇ・・・

で、5分くらいそれを毎日やっています。

20分くらいするといいとおっしゃっていましたが、
初心者なのでこれくらいの時間をやっています。

不思議なことに、肩こりがなくなったんですよ。
肩はコリコリしているのですけど、痛みがないのです。


やっぱり、『気』は、存在するんですねー。

DSC_7293_convert_20110907150832.jpg


ちゃんと、気を溜められるようになったら、クリスやプーをヒールしてあげるんだ~。
勿論、人間もね。


いつになるか分からないけれど・・・


*CommentList

左サイドMenu

Since Aug.20.2009

プロフィール

まぁ

Author:まぁ
SFベイエリアにふー(ダンナ)と下の息子Kei、M.ダックスのプー&クリスの3人+2匹で暮らしています。
昨年の春、上の息子Ryoが高校進学のため単身帰国。寮生活を送っています。
アメリカ生活、満喫中♪

最新記事

Calendar

Gremz

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。